ストレスと友達になる方法|リモートガール

こんにちは!

笑う度に癌細胞が死ぬ

腹から笑えば長生きする

と言う母親の独特なモットーを信じ、超スーパーポジティブシンキングに育ったリモートガールです。

そんな超能天気野郎な私に対して、ある時友人がこう言いました。

 

「好きな事して、ストレスなさそうで羨ましい。」

 

???

その時は咄嗟に切替す言葉が見つからず、「そんな事ないよ~~~」と中身のない返事をしてしまったのですが

よくよく考えてみると、ある人の話がきっかけでストレスに対する考え方が180度変わった事を思い出したので皆さんに共有したいと思います。

 

 

TED Talks|ストレスと友達になる方法

この動画はみんな大好きTED Talksで、心理学者ケリー・マクゴニガル氏が講演をした

「How to make stress your friend」(ストレスと友達になる方法)です。

 

この講演は私のストレスに対する考え方を大きく変えてくれました。

 

 

※日本語字幕の出し方は( ↓ )の画像を参照してください

YouTubeで字幕を出す方法|リモートガール

 

動画を観る時間が無い方のために、簡単に内容をまとめると・・・

 

 

アメリカの成人3万人の動向を8年間追跡調査した結果

はじめに3万人の被験者に対し、

1.「昨年どれくれいストレスを感じましたか?」

2.「ストレスは健康の害になると思いますか?」

という質問に答えてもらいます。

 

ちなみにみなさんはどうですか?

リモートガール
程度の差はあれど、ストレスを感じずに生きている人なんていないですよね・・・。

 

その後、公開されている死亡記録をもとに参加者の誰が亡くなったか調べ

2つの質問に対する回答との関連性を調べました。

 

その結果、前年にひどいストレスを経験した人たちは死亡するリスクが43%も高かったのです。

 

\やっぱりストレスは身体に悪いじゃないか!!/

 

と思いましたか?

しかしこの結果は

「ストレスが健康に悪影響を及ぼす」と信じている人たちのみに当てはまっていたというのです。

 

 

「ストレスは身体に悪い」という考え方自体が、身体に悪い

ストレスは早死にの原因なのか|リモートガール

さらに驚くことに、たとえ過度なストレスを抱えていたとしても「ストレスは無害だ」という考え方を持つ人たちの死亡リスクはストレスを殆ど感じていなかったグループと比較しても一番低かったのです。

 

つまり、この8年間の追跡調査によって

約18万2千人のアメリカ人は「ストレスが原因」ではなく

『ストレスが身体に悪い、という思いこみによって死期を早めていた』

という結論に至ったのです。

 

もしこの結果が正しいとしたら、アメリカでは

・「ストレスが身体に悪影響を及ぼす」と信じる事

が年間の死因の第15位であったことを意味します。

 

つまり、このマインドは皮膚がんや殺人よりも多くの人の命を奪う原因となっているのです。

 

 

ストレスは何かに挑戦するための「準備」である

ストレスと友達になる方法|リモートガール

さらに驚くべきことに、科学においても「ストレスに対する考え方を変える」事で

ストレスによって受ける身体の反応をも変える事ができる事が分かっています。

 

・大勢の前でのスピーチ

・大変な失敗を打ち明けなければならない場面

・チームの行く末を担う大切な一手を任された時

 

このような場面では皆さんの心臓は高鳴り、汗が噴き出てくるかもしれません。

この時、

「自分はプレッシャーに弱い人間だ」「不安で押しつぶされそうだ」

と考えるのではなく

今この心臓はチャレンジに立ち向かうため、脳により多くの酸素を送り込んでいるんだ!

と考えるのです。

そうするだけで不安感が減り自身が持てるようになるのはもちろん、

心血管が収縮しリラックスした状態を保つことができるのです。

この状態は「喜び」や「勇気」を感じる時の状態に非常に似ています。

 

 

ストレスはあなたを「社交的」にする

ストレスと友達になる方法|リモートガール

人間は、ストレスを感じると『オキシトシン』というホルモンの分泌が高まります。

そしてこのオキシトシンには、他者との関係を強める行動を促す働きがあります。

オキシトシンによって友達や家族との身体的な接触を強く望むようになったり、お互いに助け合いたいと思うようになるのです。

 

皆さんも仕事で過度なストレスを感じた時や、手術前で不安がピークに達した時などに

誰かに手を握ってもらうだけで落ち着いた・・・という経験はありませんか?

その時の「人肌が恋しい」「誰かに抱きしめてもらいたい/抱きしめたい」

という気持ちを呼び起こしているのが、“抱擁ホルモン”こと『オキシトシン』なのです。

 

さらにオキシトシンは脳だけではなく、心臓にある受容体にも働きかけ

ストレスによっておきるダメージを治します。

 

つまり、ストレスによって分泌されるオキシトシンによって

「自分がストレスを感じているという事実を自覚する」ことができ、お互いに助け合うようになっているのです。

 

なぜ、“お互いに”助け合うと述べたかと言うと・・・

 

 

「他者への思いやり」はストレスによる死亡率を下げる

他者への思いやりで死亡率の増加を防げる|リモートガール

別の研究によると、たとえどんなに過度なストレスを経験していたとしても

生涯で「他者を助けるために時間を費やした」人々は、ストレスによる死亡率の増加は全く見られなかったのです。

ストレスに対する考え方を変えることで、挑戦的になるだけでなく

ストレスにさらされている人に手を差し伸べる事で、さらに自分の回復力を高める事ができるのです。

 

 

ストレスは私たちの心臓とハートにエネルギーを与えてくれる

ストレス自体が身体に悪いわけではない|リモートガール

心臓とハートは同じじゃねぇかよ!

というツッコミは置いておいて、ストレスは

私たちの「心臓」の機能を高めてくれると同時に「思いやりの心」を見出してくれるのです。

 

仕事、恋愛、家庭、あらゆる場面で切っても切り離す事ができないストレスをこのように捉えると、なんだか悪い奴でもないかな?

と思えるのではないでしょうか。

 

これからストレスを感じるたびに

『私は今、挑戦をするための準備をしているのね!!!!!』

とワクワクしつつ、パワーが切れてしまいそうになったらオキシトシン様に従って素直に助けを求めるようにしましょう。

だって、助けを求められた人もアナタを思いやることで寿命が延びるんですから★

スポンサードリンク
ストレスと友達になる方法|リモートガール


中国旅行の準備をするなら

中国旅行に役立つ準備リスト


初めての中国は不安がいっぱい。
「ネットは繋がる?」
「何を持っていけば安心?」
「言葉は通じる?」
そんな方に読んで欲しい!
まとめ記事を随時更新中★
中国ご出発前にお役立て下さい。
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です